相場のチェックが大事

厚木で一戸建てを買うなら相場のチェックが大事

厚木で一戸建てを購入しようと思うなら、事前に調べておくべきことがたくさんあります。例えば中古の一戸建てを厚木に持ちたいと思うなら、あらかじめ相場をチェックしておく必要があります。

相場は不動産情報サイトから得ることができます。特に中古の場合は中古一戸建て専門サイトがあるので、そういった情報サイトから相場を把握することができます。

価格帯は物件の内容によって、一戸建てで探したりマンションで探したり、特集から検索することもできます。検索ではまず物件内容を選んでから相場をリサーチすることができます。さて、厚木で一戸建てを購入するには市場価格を調べるだけで十分でしょうか?決してそうではありません。

予算と入念な資金計画を立てることが必要になります。あらかじめ調べた市場価格を目安にして、自分の蓄え、今後の収入を考慮して予算と資金計画を立てていきます。
また、厚木で一戸建てを購入するなら土地条件を調べる必要もあります。

周辺の環境、騒音、悪臭、日照を妨げる施設の存在、道路の幅員、周辺の安全性、学校・病院・金融機関の位置、職場までの所要時間など、生活の利便性を意識したチェック項目があります。

さらに中古の一戸建てを購入する場合は、建物の劣化状況や、耐震性、防犯性を見ることも大切です。建物の劣化状況については、点検口をチェックすることができます。
点検口のある物件については、必ず点検口を用いて仲を検分するようにしましょう。

点検口は床下、天井裏、屋根裏、壁内などにあります。施工状態や、配線の整理状況、劣化具合、錆び、腐食などをチェックすることができます。また耐震性については、壁のひび割れ、傾き、亀裂、土地の陥没、基礎の状態、床の傾斜、窓のたてつけ、雨漏りの跡、シロアリ被害、屋根の様式などをチェックすることで分かります。

防犯性については、窓の格子の有無、玄関のロック、窓の位置・高さ、壁の落書きなど周辺の様子などを確認します。物件の状態を把握する方法としては他に、明るさや風通しのチェック、結露やカビのチェック、騒音性などを見ることもできます。

住宅を購入するときは、住む人間のライフスタイルと生活ニーズを考慮して選ぶようにしなければなりません。もちろん工法を調べておくことも必要です。住宅の工法には、木造軸組工法、2×4工法、鉄筋コンクリート造(RC)、軽量鉄骨、重量鉄骨などがあります。

各工法にはメリット・デメリットがあり、一概にどれが一番いいとはいえません。”